本サイトに掲載している情報はプロモーションを含みます。

文鳥の爪切りは気が重い!おすすめは頻度を減らせる【ニームパーチ】

文鳥の爪切りが苦手!アイキャッチ画像おすすめアイテム
スポンサーリンク

文鳥は賢く、ヒナから育てると手乗りになったりして、とても可愛いですよね。

しかし、文鳥との暮らしで避けられないのが
【爪切り】

嫌がったり暴れたりして、とても大変ですよね。

飼い主さんにとっても、気の重い作業ではありませんか?

あすか
あすか

爪切りが好きな
文鳥なんているの?

しかし爪が伸びたままだと、服やカーペットなどに引っかかって、思わぬケガをしてしまう可能性も。

せめて『爪切り』の頻度を減らしてみませんか?

ニームパーチを止まり木にしてしまえば、爪が伸びるスピードを遅らせることができ、爪切りの頻度が減りますよ。

こんな方へおすすめ
  • 文鳥の爪切り頻度を減らしたい
  • 病院に連れていく頻度を減らしたい
息子
息子

うちには1歳の白文鳥がいるよ!

文鳥の爪切りはなぜ必要か

わが家の白文鳥

文鳥の爪が伸びてくると、止まり木をちゃんと掴めなかったり、指が浮いてしまって歩きにくくなることがあります。

そのままにしておくと、爪が重なってしまったり変形してしまうことも。

また、ケガの原因にもつながります。

個体によって伸びるスピードは違いますが、定期的にチェックして爪切りをする必要があります。

何ヶ月に1回など明確な目安はありませんが、透けて見える血管の先から3~5mmほど伸びていたら、爪切りをした方がいいでしょう。

あすか
あすか

腕に止まらせたときに
ちょっと痛いなと感じたら
切ってます!

息子
息子

テーブルの上を歩くと
カツカツ音がするよ

野鳥は、爪切りを必要としません。

それは、自然木に掴まったり整備されていない地面を歩くので、ちょうど良く爪が削れる環境にいるからです。

それに比べて家の中で過ごす鳥は、ケージの中やカーペットを歩くので、爪が削られずどんどん伸びてしまいます。

鳥自身ではどうにもできないので、人の手で切ってあげる必要がありますね。

文鳥爪切りの方法

爪が伸びてきた文鳥
あすか
あすか

すごく嫌がるから
爪切りは気が重いのよ

嫌がっても、文鳥のために爪は切らなければ!

飼い主さんが切る

自宅で飼い主さんが、文鳥の爪を切ることはできます。

しかし、この方法には『保定』するという技術が必要です。

動かないように押さえる、という意味の『保定』ですが、これがまた難しい!

文鳥の保定
  • 人差し指と中指で首を挟み込んで
    体をやさしく包む
  • 親指と薬指で文鳥の爪の根元を
    しっかりと挟んで爪を切る
息子
息子

『文鳥保定』で検索してみてね

ひとりで保定して爪を切るのは、なかなか難しいので、わが家は二人がかりで行っています。

賢く、よく人間を見ている文鳥さん。
保定係はしばらく嫌われます。

動物病院で切ってもらう

飼い主さんが不安なら、動物病院で切ってもらう方法もありますよ。

ただ、小鳥を扱っている動物病院は少ないので、近所にあるか確認しておきましょう。

小鳥の爪切り料金は、一般的に500~1000円くらいのようです。そこに初診料や再診料が加わります。

あすか
あすか

近所の動物病院は初診料1,100円と爪切り処置550円で合計1,650円!参考までに

爪が伸びるスピードの遅い子なら、頻繁ではないので、爪切り料金はそこまで負担に感じません。

息子
息子

気が重いなら
プロにまかせても

慣らす目的で、病院に連れて行くのもいいかもしれませんね。

ニームパーチで爪切りの頻度を減らそう

ニームパーチにとまった文鳥

わが家の1歳になる文鳥さんは、ヒナから育て手乗りにしたのですが、爪切りが本当に嫌いで。

息子
息子

逃げる逃げる

それなのに、爪が伸びるスピードの早いこと!
けっこう放鳥しているのに…

あすか
あすか

うちはそんなにツルツルですか…

生後4ヶ月くらいから、1ヶ月に1回のペースで爪切りをしていました。

パパが保定し、わたしが爪を切るというスタイルです。

暴れる子をやさしく押さえ、なおかつ血管を切らないよう細心の注意をはらって、爪を切る。

心身ともに疲労します。

でも、爪は切らなくてはいけない。

せめて爪切りの頻度くらい減らせない?と思い、見つけたのが【ニームパーチ】です。

ニームパーチ

ニームパーチ

ニームパーチは、ニームの木の止まり木です。

ニームはインド原産の樹木で、日本でも「虫を寄せ付けない」という特徴を持つ木として、知られています。

あすか
あすか

インドでは虫歯予防にニームの
つまようじを使っている人もいるって

この【ニームパーチ】は化学製品を使用せず、自然界にある有効な資源を活用して、作られた天然木です。

最初は怖がるかもしれませんが、天然木のボコボコが自然に爪を削ってくれますよ。

メリット
  • 足裏の汚れが落ちやすく、細菌の発生を抑制してくれる
  • 足裏の古い角質が落ちやすい
  • 爪が削れやすい
  • ウンチが落ちやすい

止まり木をニームパーチに変えたからと言って、爪切りが不要になるわけではありません。

ただ、わが家の文鳥さんの爪切り頻度は、2ヶ月に1回と減りましたよ。

確かに効果はありますね。

まとめ

爪が伸びるスピードには個体差があります。

定期的にチェックして、爪を切らなければ危険です。

でも爪切りはお互いにストレス。

ならば、普段の生活から自然界の鳥と同じような環境で、自然に爪が削れてくれると助かりますね。

いつもの止まり木をニームパーチに変えるだけなので、とても簡単ですよ。

爪切りの頻度を減らしたい飼い主さんは
ぜひ試してみてくださいね。

人間用の爪切りでもできるけど
やっぱり小鳥専用が使いやすいよ!
近所の動物病院ではこの止血パウダーを
使っていました!

※2023年2月の情報です。
※この記事はプロモーションを含みます。

タイトルとURLをコピーしました