本サイトに掲載している情報はプロモーションを含みます。

茨城くらぶ

茨城くらぶ

大杉神社を訪れたらトイレへGO!【茨城】猫と桃と絶品もちパイ

茨城県稲敷市にある、あんば様総本宮大杉神社。茨城百景のひとつ『阿波の大杉神社』としても知られています。ここは社殿も豪華絢爛ですが、ぜひ寄ってほしいのがトイレ。旅館の部屋名みたいに個室に名前がついています。他にも魔除けの桃があちこちに吊るしてあったりと、見どころ満載の神社ですよ。
茨城くらぶ

あけの100万本の八重ひまわりと【宮山ふるさとふれあい公園】子どもと散策

夏の花の定番といえば、ひまわりですね!茨城県では『国営ひたちなか海浜公園』のひまわり畑が有名ですが、他にもひまわりの名所があります。筑西市で開催される『あけのひまわりフェスティバル』の八重ひまわりは、めずらしい品種でとても華やか。筑波山と鮮やかな黄色のひまわりが、絵画のようにコラボしています。
茨城くらぶ

クジャクが住む【雨引観音】安産子育てから延命祈願まで!

茨城県にはいろんなお寺や神社がありますが、ここ【雨引観音】は安産祈願のお寺で有名。安産祈願はもちろん、出産後の子育てから厄除け、延命祈願まで一生涯においてご利益のあるお寺として親しまれています。またあじさいの水中華や、境内に放たれているクジャクに会えたりと、観光スポットとしても楽しめる場所になっていますよ。
茨城くらぶ

当選確率アップ?関東最古の八幡さま【大宝八幡宮】

関東最古の八幡宮と伝えられている【大宝八幡宮】は宝くじ祈願の神社として、ご利益を求めて全国から人々が訪れます。また6月から7月にかけては、あじさい祭りが開催されます。お土産には「厄除けだんご」がおすすめ。甘さ控えめで、あんこが苦手な方でもパクパク食べられますよ。
茨城くらぶ

10000株のあじさいと田園風景の眺め【二本松寺 あじさいの杜】

茨城県潮来市にある二本松寺【あじさいの杜】では、6月中旬から7月上旬にかけて『潮来あじさいまつり』が開催されています。100種10000株のあじさいを長く楽しめるように、早咲きと遅咲きが植えられているそうですよ。あじさいの杜は急な坂道になっているので、歩きやすい靴でお越しくださいね。
茨城くらぶ

茨城【道の駅いたこ】ドライブ途中の休憩やランチにおすすめ

『道の駅いたこ』は茨城県潮来(いたこ)市にあります。潮来市は水運の要所として発展した、のどかな水郷情緒あふれる街です。水郷潮来あやめ祭りや、嫁入り舟などが有名。道の駅いたこでは、地元のお土産やランチはもちろん、自然を身近に感じられてドライブ途中の休憩におすすめです。
茨城くらぶ

そば打ち体験も!小野小町伝説【小町の館】をお散歩

小野小町ゆかりの地が、茨城県にもあるのをご存知ですか?『小町の館』では、小町の作品色紙や小町人形の展示がされています。近隣には小町のお墓も。筑波山のふもと、静かでたくさんの自然に触れることができます。体力おばけのお子さんと出かけてみませんか?
茨城くらぶ

【筑波実験植物園】は雨の日でも遊べる?子どもと一緒に自然を学ぶ

体力おばけの子どもと、ずーっと一緒に家に居るのは、正直言って大変!とくに雨の日が長く続く梅雨時期は、憂鬱になってしまいますよね。『筑波実験植物園』は、雨の日でも気軽に見学ができ、植物について楽しく学ぶことができておすすめですよ。
茨城くらぶ

世界最大の牛久大仏で子どもと遊ぼう!お参りだけじゃない【茨城】

茨城県にある世界最大の青銅製仏像『牛久大仏』は、お参りだけじゃなく子どもも楽しめる場所になっています。お土産屋さんもあり、動物とふれあえるコーナーも。近くには『あみプレミアム・アウトレット』もあり、観光地としても人気が出てきています。茨城にお越しの際はぜひ。
茨城くらぶ

茨城で遊ぶなら【水海道あすなろの里】子供と一緒にミニ動物園!

茨城県常総市にある『水海道あすなろの里』は、大人も子どもも1日中楽しめる、里山テーマパークです。園内には、四季折々の花々や釣り堀、ミニ動物園があります。カフェも併設されているので、のんびり自然に触れることができますよ。お子さま連れにも、大変おすすめの場所です。